気になるインプラントについて研究します

インプラント研究所

インプラントのトップメーカーはどこ?

インプラントは顎の骨に器具を埋め込んでそこに土台と人工の歯を取り付けるという方法になります。
骨とうまく結合させることでとても強く固定されるのです。
インプラントは3つの構造になっていて、歯根部分埋める器具、アバットメントという土台、上部につける人工の歯という形になります。
歯根部分に埋める器具はチタンなどの金属ででているもので骨との親和性が求められます。
アバットメントという土台は歯根部分の器具に取り付けて歯の微調整を行う役割をします。
上部に取り付ける人工の歯は白い素材ということでセラミックでできたものがあります。
これら3つの構造であり、それぞれ役割がありうまく結合することで強くきれいな歯を取り戻すことができるということになります。
インプラントのメーカーは現在数百社あると言われてします。
その中でもトップメーカーとして3社あります。
それぞれインプラントメーカーの特徴や長所欠点などもあるのでクリニックなどでよく相談して決めることになります。

インプラントとアバットメント

インプラントという治療は顎の骨に金属でできたネジのような本体を埋め込んでそこに人工の歯を取り付けるのですが、もう一つ大切な役割をしているアバットメントというものがあります。
これはインプラント本体と人工の歯を連結させる土台となるものです。
もし直接本体に人工の歯を取り付けてしまうとかなりリスクとなります。
もし違和感があればやり直しにもなりかねません。
そのような場合にもアバットメントがあることで微調整することができます。
噛む力を調整することができたりインプラントと人工の歯を連結するとても重要な役割となっているのです。
この土台は金属でできていて、中にはチタン合金でできているものもあります。
これら本体とアバットメント、人工の歯がうまく連結して噛み合わせが良くなることで、これまでの歯と同じような感覚で使用することができ、また長く使うことができます。
インプラントは第二の永久歯とも言われています。
きちんと治療することで一生使えるものなのです。

おすすめWEBサイト 6選

池袋 歯科

2017/9/15 更新


COPYRIGHT(C) 2016 インプラント研究所 ALL RIGHT RESERVED