気になるインプラントについて研究します

インプラント研究所

インプラントで歯茎が変色

インプラント治療をしてきれいでしかも噛み心地のいい歯を手に入れたのに、いつの間にか歯茎が変色していたというケースがあるようです。
これは金属の土台が長時間歯茎に触れたことで溶け出したことが原因です。
金属アレルギーなどがなければ審美性以外に特に問題はないので、あまり気にすることはないでしょう。
一度入れたインプラントを外すとなると、かなりの大手術となります。
ご存知とは思いますが、インプラントとは顎の骨にボルトをくっつける方法です。
骨とボルトがくっついているので外すというよりも切り離す大手術になるのです。
そのためインプラント治療をする際は、嫌だから外すことはまずできないことを頭において受けることです。
歯茎が変色した場合、もう元の色に戻すことはまず無理なので、諦めるしかありません。
ただ、一般人は芸能人ではないですし、自分では色が気になっても人は意外に気づいていないものなので、あまり気にしないのが一番です。

インプラントは被せもの?

歯科治療の中で最近話題になっている方法がインプラントです。
入れ歯や差し歯とも違うのですが、被せものと勘違いしている方も多くハッキリと説明出来る方は案外少ないのです。
一般的に被せものと言うと、歯根が残っている程度の虫歯治療で歯の上部に虫歯が出来た場合に、治療で削った部分に金属やセラミック素材の物を被せる事を言います。
対してインプラントの場合は歯根が全く無い状態に人工の歯根を埋め込んで、その上に人工の歯をはめ込む治療の事を言います。
確かに人工の歯根に被せるとも言われますが、通常では被せものと言うと患者さんの歯根が残っている状態で治療する場合にあてはめられます。
インプラント治療ではめ込む素材はセラミックからジルコニアにハイブリッドセラミックから金属まで様々あり、予算とも合わせて医師と相談出来ます。
チタン製の人工歯根を埋め込む為に本来の歯の様になりますし、入れ歯の様な違和感や口臭の元にもならない所が大きなメリットで、最近は徐々に治療を受ける方が増加しています。

2017/9/15 更新


COPYRIGHT(C) 2016 インプラント研究所 ALL RIGHT RESERVED